進撃の巨人バトル(侵略攻撃)攻め方のコツ | 進撃の巨人-自由への咆哮-攻略

当サイトはスマートフォンでの閲覧専用に最適化されております。
PCで閲覧される場合はデザインが崩れる場合がございます。ご了承ください。
(ブラウザの横幅を640px以下に縮めることで、完全ではありませんがスマートフォンに似たデザインで閲覧することは可能です)

進撃の巨人バトル(侵略攻撃)攻め方のコツ

進撃の巨人ー自由の咆哮35

スマートフォンゲームアプリDeNA「進撃の巨人-自由への咆哮-」における、バトルやミッションでの攻め方のコツです。

まず侵略攻撃の準備となる巨人ごとの特徴と使い分けを把握し、バトルにおける戦略と戦術を元にした巨人の配置方法を考えます。

攻撃方法・巨人の編成は序盤・中盤・終盤でかなり異なるので、それぞれ区分けして作っています。

序盤の囮作戦の例として、エレン・ミカサ・リヴァイといった調査兵団メンバーが登場する場合の対処方法についても考えます。

 

目次

 

巨人の特徴と使い分け方

巨人は攻撃対象や特殊な能力をそれぞれもっており、得意・不得意があります。まずバトルに勝つためには戦術やバランスをかんがえて巨人たちを投入できるようにしないといけないので、巨人ごとの特徴と使い方を把握しましょう。

 

■探求の巨人

進撃の巨人ー自由の咆哮43

近くの敵を攻撃するだけの基本的な巨人です。

素早く生産出来て数が多く、また攻撃力は少ないもののスピードは悪くありません。

HPも安い巨人の中では最高値なので、集団戦法と囮役の両方に使えます。

 

■小心の巨人

進撃の巨人ー自由の咆哮44

4マス離れたところまで遠距離攻撃を行います。最大の特徴はこの遠距離攻撃が壁を無視して攻撃できること

つまり、大砲や見張り台の射程外であり、壁に囲まれた貯蔵タンク施設があれば、小心の巨人を使ってノーダメージで資源を奪いまくることができます。

大砲や見張り台のみを単独で壁で囲っているような街を相手にするときにも役立ちます。

 

■嘲笑の巨人

進撃の巨人ー自由の咆哮45

探求の巨人と同じように小型の巨人です。HPが少ない代わりに攻撃力とスピードが高いです。

ポイントは、攻撃対象が近くの敵ではなく生産施設であること。さらに、生産施設を攻撃する際に攻撃力が2倍になること。

「進撃」の目的が資源の強奪にあるなら、相手に完全勝利する必要はないので、砲台の囮に探求の巨人を使い、この嘲笑の巨人で資源施設をボコボコにするといった方法もかなり使える戦法です。

 

■憤怒の巨人

進撃の巨人ー自由の咆哮46

HPが300と、初期3つの巨人と比べるととたんにあがります。攻撃力も高いです。

ただ、使ってみると意外ともろく、攻撃速度とスピードが遅いのであまり施設は破壊できません。序盤は探求の巨人を10体作るほうがコスト的にも戦力的にも有用性が高いです。

攻撃対象が「砲台」「見張り台」「迫撃砲」といった施設を優先するようになっているので、うまく使えば役立ちます。

一例として、範囲攻撃で探求の巨人の集団戦法を壊滅させる「迫撃砲」を優先して破壊するために、迫撃砲付近に5体ほど配置する、などです。

 

■追走の巨人

進撃の巨人ー自由の咆哮47

壁を優先して攻撃し、さらに壁攻撃の威力が「40倍」になります。

自分のレベルがあがって発展したプレイヤーと戦ったり、ミッションを進めていくと、強力な壁を破壊しないと施設まで辿りつけないようになってきますので、中盤から非常に重要な巨人です。

常に3体ほどは確保し、敵の砲台などの攻撃を探求の巨人を囮にして引きつけながら、壁を破壊しまくってもらいましょう。壁破壊意外ではあまり役にたたないので戦闘に投入しすぎて無駄にしないように。

 

   

バトルでの戦略と戦術・巨人配置のコツ

まず、進撃する目的を必ず明確にしましょう。勝てる戦略を立てるためには、最終目標をぶれないようにするのが先決です。

侵略戦争の目的は、大きく次の2つに分かれます。

  1. 資源を稼ぐ
  2. 完全勝利し、自由の翼を稼ぐ

重要なことは、資源を確保するためには必ずしも完全に勝利する必要はなく、資源が沢山つまっている「拠点」「氷爆石貯蔵タンク」「黒金竹貯蔵タンク」さえ狙えばいいということです。

 

■資源を得る戦いのコツ

相手の街をよく観察すると、壁の向こうの拠点を攻撃するためには砲台に狙われてしまうが、1箇所貯蔵タンクが壁に囲まれているものの砲台の射程距離外である、といったことがあります。

この場合は、壁を破壊せずに遠距離攻撃ができる小心の巨人のみをつかって、攻撃を受けずに資源施設を破壊して資源をいただいたら撤退します。最小限の巨人の消費で、最大の利益が得られるのです。

 

そうです。資源を得る戦いなら、相手の防衛施設である「砲台」や「見張り台」「迫撃砲」などは実は無視しても構いません。

 

資源施設のみ狙えばいい場合、怖いのは範囲攻撃の迫撃砲です。施設に群がって攻撃している探求の巨人や嘲笑の巨人などが、1回で複数ダメージをうけて壊滅してしまいます。砲台からの攻撃は単体攻撃なので、数で押せば大した威力はありません。

もしタンクの近くにいっても迫撃砲の攻撃を食らわない位置なら、嘲笑の巨人を資源施設の近くに配置し、奪い取るだけ奪って、撤退しましょう。2倍攻撃の嘲笑の巨人なら、かなり資源が奪えるはずです。

勝利条件も満たしたい場合は、拠点に攻撃を絞るといいでしょう。

 

 

■「自由の翼」を得るためのコツ

自由の翼を得るためには、勝利しなければなりません。勝利条件は拠点の破壊・破壊施設の破壊度合いの%をあげることです。

この場合、攻撃施設を破壊してしまって、巨人がダメージを受けないようにすることが最も優先されます。

 

1番重要なことは、相手の施設に「迫撃砲」があるかないかです。

 

迫撃砲がある場合、探求の巨人を大量に使った物量作戦に出ても、範囲攻撃で一気に倒されてしまいます。最優先してこの防衛施設を狙わなければなりません。

うまいプレイヤーは、この迫撃砲の近くに壁を置くだけでなく、大工の小屋やキャンプなどの破壊しても意味のない施設を固めて、近くの敵しか攻撃できない探求の巨人の進撃を妨げようとします。

 

ここで役に立つのが、憤怒の巨人です。

憤怒の巨人はスピードが遅くて生産コストが高いですが、敵の防衛施設(砲台など)を優先して攻撃する特性があります。

また、後半に進むにつれ壁が厚くなると、追走の巨人ので破壊する必要性も出てきます。

 

基本は、迫撃砲>見張り台>砲台の順で優先して破壊し、破壊するときのコツは、

1. 壁がなくて 進撃するルートがある場合

邪魔なほかの施設がないなら、探求の巨人を大量投入。他の施設に探求の巨人が気をとられてしまう配置なら、憤怒の巨人を大量投入します。

2. 壁があってルート確保ができない場合

探求の巨人を1体づつ配置して囮にしながら、追走の巨人で壁を破壊します。壁が無くなって相手の防衛施設までの道のりが出来上がったら、あとは憤怒の巨人を使って破壊させます。

 

また、壁の中に砲台が埋まっているときは、小心の巨人を10体ほど固まりで使い、壁を無視して遠距離攻撃させたほうが早い場合もあります。

よく相手の施設配置を見極めながら使い分けて下さい。

 

囮作戦の有効な例として、参考に調査兵団の倒し方を次に載せておきます。

 

   

【序盤向け】調査兵団の楽な倒し方

相手の街に青色の「調査兵団の宿」施設があると、バトルで攻めに入ったときに「エレン」「ミカサ」「リヴァイ」が登場します。

素早い速度で接近し、非常に強力な単体攻撃や範囲攻撃で巨人を殺しまくってきます。

調査兵団メンバーが強くて中々うまく街から略奪できない人のために、簡単な倒し方をお伝えします。

 

まず、調査兵団メンバーの特徴は

  1. 「調査兵団の宿」近くに巨人が侵入すると出現する
  2. 一度出現したら倒すまで出たまま
  3. MAP上の巨人をどこまでも追ってくる
  4. 強力な範囲攻撃を使う

以上です。ポイントは1番と3番。このMAPのどこまでも追いかけてくる性質を逆に利用し、囮をつかって一本釣りします。

強力なリヴァイたちと戦うときに、砲台や見張り台の攻撃を受けながら闘うと、巨人の消耗が大きすぎるので、調査兵団メンバーのみと戦うように調整するのです。

画像を交えて詳しく解説します(画像は小さいですが、クリックで別窓に拡大)

 

■手順説明用のMAP

進撃の巨人ー自由の咆哮49-11

緑が調査兵団の宿、黄色が砲台です。MAPの南側に資源のある施設が固まっていますが、砲台と立体機動兵器の餌食にされそうです。

 

■手順1

バトルがはじまったら調査兵団近くに探求の巨人を1体だけ置きます。するとエレン・ミカサ・リヴァイのいずれかが登場します。

なお、この探求の巨人は囮なので、瞬殺されますが気にしません。

進撃の巨人ー自由の咆哮50-4-2

黄色の調査兵団の宿近くに囮となる探求の巨人を1体だけ配置(巨人は赤の×)。するとリヴァイが登場。

 

進撃の巨人ー自由の咆哮51-3-2

リヴァイと砲台の二重攻撃であっさり倒されます。

 

■手順2

砲台の射程距離外、MAPの端っこのほうに巨人を置きます。施設に向かって進撃しないよう、動きの遅い巨人のほうがいいですが、憤怒の巨人だと生産コストが高くてもったいないので、まぁ探求の巨人でいいでしょう。

進撃の巨人ー自由の咆哮52-5-2

上の画像の黄色の位置に配置しました。砲台が届かない位置です。

すろと、赤矢印のように出現したリヴァイは巨人に向かって突進してきます。これで防御施設と隔離できました。

 

■手順3

一気に探求の巨人を集団で配置します。目安として20体以上。

進撃の巨人ー自由の咆哮53-3

リヴァイ兵長がボコスカに囲まれます。周辺に巨人が攻撃したい施設がないため、巨人は近くの敵であるリヴァイのみに攻撃を集中してくれます。

 

あっさり倒せます。

進撃の巨人ー自由の咆哮54-3

 

あとは通常通り、砲台から狙いつつ、破壊して無力化し、資源を奪い取りましょう。

 

   

 

【中盤・拠点レベル6~8】バトルの攻め方のコツ

敵の防衛施設が充実し、特に迫撃砲やファルコネット砲のような小型巨人に対して範囲攻撃を行うものが増えてくる中盤になると、探求の巨人と嘲笑の巨人だけを大量投入する戦法では殲滅されてしまいがちです。

物量作戦が通用しなくなる中盤以降でのバトルのコツについて考えます。

 

■ ポイント

  1. 対空砲の少ない拠点を選ぶ
  2. 記憶の巨人を中心に組み立てる

 

中盤になると、各施設ひとつあたりの発展にかかる時間が数時間ではなく、数日単位になっているはずです。特に製錬所のような生産系施設で顕著になります。

つまり、プレイ時間が減ってくるため、攻める⇛発展させる⇛巨人を作る、といったループでのプレイが難しくなり、アプリを起動していない時間が長くなります。

 

これを利用し、生産時間はかかるものの、威力の高い「記憶の巨人」を戦力の中心に考えます。

 

記憶の巨人は、初登場する「大型巨人」であり、特徴として大砲や迫撃砲の攻撃を受けなかったり、壁を飛び越えて無効化できる能力をもっています。

ただし、HPが非常に少ないため、見張り台と対空砲が存在するとすぐに倒されてしまいます。攻撃速度も遅いので、まとまった単位で運用し、一度の攻撃で施設を破壊してしまうことも重要です(その場で立ち止まらないため)

 

また、記憶の巨人は「戦いの碑石」を利用した巨人の強化において、攻撃力が爆伸びすることも特徴です。

一度レベルをあげるだけで30、二度目で60近く伸び、レベル3で192まで攻撃力が伸びます。

たいていの防衛施設はHPが1000程度ですので、ここまでレベルがあげられれば、5~7体をまとまりとして運用すれば、ほとんどの施設を一撃破壊できます。

 

進撃の巨人ー自由の咆哮65

 

 

記憶の巨人の最大の弱点は、対空砲です。

対空砲は攻撃力が100以上あるため、記憶の巨人を1~2発で仕留めてきます。

 

拠点レベルが6~8のころは、まだ対空砲の数や重要度が低く、そもそも建設していなかったり、すぐに攻撃できる位置に置いている人たちが多数います。これを攻撃ターゲットにします。

 

つまり、バトルの運用方法としては

  • 記憶の巨人12~20体程度
  • 嘲笑の巨人・残りすべて(30体程度~)

をパーティとして編成します。

 

記憶の巨人は二箇所に戦力分散させ、対空砲や見張り台をすぐに攻撃できる位置に6体以上をまとまりとして配置します。

壁を無視して攻撃防衛施設のみを狙うため、効率的に敵施設を破壊できます。

 

対空砲や見張り台の餌食にならなければ、記憶の巨人だけで敵の防衛施設は全滅するはずです。

敵の防衛施設を全滅させたタイミングで、嘲笑の巨人を投下します。これで資源を奪い尽くします。
 

 

 

【終盤・拠点レベル9~】バトルの攻め方のコツ

終盤になると、対空砲やガトリング砲など、大型巨人を攻撃する防衛施設も充実してきます。

中盤戦で活躍した記憶の巨人では、HPが低すぎるために、敵の施設をすべて殲滅する前に倒されてしまいます。

 

つまり、記憶の巨人+嘲笑の巨人による資源略奪戦が難しくなります。

 

終盤になることで、鎧の巨人や女型の巨人といった超強力な巨人も使えるようになりますが、あまりにコストと時間がかかりすぎるので、効率はよくありません。

そこで、理想となるパーティは下記のようになります。

  • 憤怒の巨人最低20以上
  • 嘲笑の巨人20~30程度
  • 超大型巨人1~2体
  • (保険として)日天

 

自分の拠点レベルが9になると、集結地が4つ作れるようになります。

これにより、飛躍的に巨人を作れる数が増え、レベルをきちんとあげれば180体以上は一度の侵略攻撃のときにもっていけます。

 

憤怒の巨人は攻撃力が低い割に、枠を1体につき5も埋めてしまうため、HPの高さを活かした壁役としてしかいままで運用方法がなかったのですが、枠が大きくなることで大量投入が可能になりました。

つまり、高い耐久力をもったまま、防衛施設だけを狙い撃ちに、攻撃戦力として考えられるようになったのです。

 

憤怒の巨人は戦いの碑石でレベル3まで強化した場合、攻撃力は38となります。

20体で運用すれば、2.0秒あたりの攻撃力は760です。つまり、1~2度の攻撃でほとんどの防衛施設を破壊できます。

 

さらに、超大型巨人を使うことで、HPを回復することができます。

ただし、超大型巨人は対空砲に弱いので、出来るだけ対空砲の破壊後に投入することが理想です。

 

戦いの順序は以下のようになります。

  1. 憤怒の巨人を(対空砲の近くに)一箇所大量投入。
  2. 対空砲の破壊など、頃合いをみて超大型巨人を投入して、回復させつつ憤怒の巨人で防衛施設を破壊
  3. 防衛施設を破壊しきる前に憤怒の巨人が全滅しそうなら、保険としてもってきた聖なる碑石で作れる回復装置「日天」を利用
  4. 防衛施設を完全に破壊したら、嘲笑の巨人を投入して早急に資源を奪い取る

 

現状では、この戦法が最終的に最も有効とされています。

 

記憶の巨人を使う中盤と違い、憤怒の巨人なら生産時間が短くて済むので、より進撃攻撃の回数が増えます。

うまく運用して、街を発展させましょう。

 

   

 

 

 

【広告】課金アイテムをGETするなら

モッピー!お金がたまるポイントサイト